美容

究極の便意と共に訪れる、血の気の引く感覚について

最近気づいたのですが、私はすんなり便意に気づく時と、失神しそうな感覚に襲われてから便意に気づく時がある。

私は決して便秘ではないし、おそらく世の中の女性の便通ランキングでは上位に君臨できるほど快便。

しかし最近、急に胃が気持ち悪くなり、吐き気と血の気が引く感覚がして「あ、うんこが肛門をノックしてる」と気づくことがあるんです。

あります?逆に?

さっきもコメダ珈琲で急に気分が悪くなり、貧血かと思いガムシロをドバドバ入れたコーヒーを飲んでも回復しない。

そこで気づいた「うんこが肛門を強めにノックしてる」と。

確かに先程から私はすかしっぺを10発程かましており、便意の兆候はあったのである。

しかし明確なサインが肛門から無かったので見落としていた。

案の定その後コメダ珈琲のトイレで爆便をかまし、どうにか貧血状態は治まった。

歌舞伎町を歩きながら考えた。

この血の気が引くという感覚は、どういう仕組みによるものなのか?

というわけで調べました。

迷走神経の反応で血の気が引くらしい

腸という器官は迷走神経が駆け巡っており、便意を我慢したりするとこの神経が活発になるらしい。

迷走神経はお腹の方まで通ってる神経らしく、心拍数の調整や血圧の調整を司るもの。

この迷走神経が活性化すると脈拍低下、血圧の一時的な低下を引き起こして貧血のような感覚になるそうです。

腸が「うんこ出ますよー!」て活動してることを神経がいち早く察知して、貧血みたいな状態を起こしてるんだって!

これを血管迷走神経性失神って言うらしい。

へぇ~!!!そうなんだ!!!

無駄に賢くなっている場合ではない、

いちはやく肛門から便意のサインを送ってもらい、この不愉快な体調を回避したいのである。

予防法が見当たらない

調べたがこれ!という予防策がない。

倒れたあとはゆっくり休みましょうとか、便意を我慢しないようにしましょう、ストレスを溜めないでね、みたいなことばかり出てくる。

そもそもストレスを溜めようと思って溜めているのではない。ダムじゃあるまいし。

便意も我慢しているつもりは無い、便意より先に迷走神経とやらがお祭り騒ぎを始めるのである。

そもそも倒れたくないので検索しているのに、迷走神経反射性失神とは〜みたいな論文を上位に表示してくることに怒りすら覚えてきた。

ほら、これもストレスだ。なので私なりに考えた。

尿をする度に気張る

これだ・・・!!!名案だ。

肛門が私にサインを送ってこない今、こちらからお伺いを立てるしかない。

「コンコン!うん子は今どの辺ですか?いっちょ気張って起きますね!」

もうこうなったら腸に隷属するしかないのである。

隷属、さもなくば失神。

be slave or die.

もし同じ悩みをお持ちの人がいたら、まずは気を落とさないで欲しい。

そして私と一緒に腸に隷属しましょう。

あと普通にヨーグルトとか食べたら良いかも。