その他オススメ記事

へレディタリー/継承のレビュー!ミッドサマーを作ったアリ・アスター監督が気になってきた

ミッドサマーに続いてへレディタリーを視聴してしまいました。

二度と観ません!みたいなレビューを書いたんだけど、結構引きずる映画だな…。

今回観たのは「へレディタリー/継承」という映画。

これが監督の長編初監督らしいんですがかなり怖いと2018年に評判だったようです。

感想はミッドサマーの後に見るとがっかりする映画だよ!って感じ。

ミッドサマーが不快・衝撃的すぎて、順番を逆にするとインパクトが薄れちゃうんですね。

Amazonプライム・ビデオで配信されていたので視聴しましたが、そこまで怖くはないかなあ。

へレディタリー/継承のキャスト・あらすじ

まずへレディタリーのキャストとあらすじをさらっと紹介しますね。

へレディタリーのあらすじ

ラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニーは夫・スティーブン、高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーと共に家族を亡くした哀しみを乗り越えようとする。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでいたことに気づかぬまま・・・。

やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする・・・。祖母に溺愛されていたチャーリーは、彼女が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめ、次第に異常な行動を取り始める。まるで狂ったかのように・・・。

そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。
“受け継いだら死ぬ” 祖母が家族に遺したものは一体何なのか?

公式サイトから

祖母が亡くなったことをきっかけに奇怪な現象が起こり、家庭が崩壊していく話ですね。

へレディタリーの登場人物一覧

アニー…一家のお母さん。ミニチュアハウス作家。精神的に不安定な感じ。

ピーター…長男。普通の高校生。

スティーブ…お父さん。精神的に不安定な妻を支える

チャーリー…ピーターの妹。不気味な女の子で動物を虐待している。

ジョーン…アニーがカウンセリングで出会う霊媒師

この5人をメインにストーリーが展開していきます。

お母さん役のアニーを演じるのはトニ・コレット。

シックスセンスのお母さん役で有名になった人ですね。

へレディタリー/継承のネタバレなしの感想

ミッドサマーと比較すると、そこまで怖くないです。

グロい描写はあるものの、SAWを鑑賞できる人なら耐えられるでしょう。

ミッドサマーの不気味な感じとは違い、普通にホラーだな〜という感想。

正直ミッドサマーの方がよほど不気味、かつ怖いです。

精神的に弱い人とか、共感しやすい人はお母さんに感情移入をしてしまってメンタルにくるかもしれません。

私は共感性が乏しいので、さほど今回はメンタルにきませんでした。

ただお母さん役のトニコレットの演技が上手すぎて、顔が怖いですね。

へレディタリー/継承のネタバレあらすじ

グロいなら見るのは怖い!という方にために、今回もネタバレあらすじを用意しました!

幸せそうな家庭に訪れた不幸

映画はアニーの母リーが亡くなり、ショックを受けたアニーがカウンセリングに通うところから始まります。

どうやら母リーには精神障害があり、それが子供達に遺伝するのが怖いようです。

生前は攻撃的な言動から家族にも面倒をかけていたようで、アニーはお葬式でも悲しそうなそぶりは見せません。

しかしチャーリーにとって、祖母は優しくて頼れる存在。

祖母の死をきっかけに裸足で外に出歩く、動物を虐待するなど奇妙な行動をとるようになってしまいます。

長男ピーターはまだ高校生。

思春期特有の家族の前ではいい子、友達の前だと葉っぱ吸ったりして粋がる少年です。

お母さんアニーはミニチュア作家、家族4人は幸せそうに見えても内部に問題を抱えている様子が見て取れます。

いきなりのチャーリーの死

ある日ピーターは、友達とのパーティに行きたいと母アニーに車を貸してくれと言います。

アニーは「チャーリーを連れて行ってあげて」と命じ、ピーターは嫌々ですが妹を連れてパーティへ出かけることに。

仲間の前で妹を構うのも恥ずかしいピーターは、チャーリーを放置してマリファナを吸うなどして楽しみます。

目を話す好きにチャーリーはお酒?を飲んでしまいました。

「息ができない、喉が腫れた感じがする」と異変を訴えるチャーリーを連れ、慌ててピーターは病院へ向かいます。

後部座席で苦しむチャーリーはたまらず窓から身を乗り出します。

その時道路に動物の死体が現れ、ピーターはハンドルを右へ切りした。

その先には電柱があり、チャーリーはその電柱にぶつかって首がもげて死んでしまいます。

ピーターは放心状態になりましたが、そのまま車を走らせて家へ帰宅。

ベッドに戻って眠れぬまま朝を迎えるのでした。

母アニーの夢遊病の再発

翌朝母アニーの悲鳴が響き渡ります。

母が見たのは首なしの娘チャーリーの死体、道に転がったままのチャーリーの生首にハエがたかっている場面も。

アニーは「もう死なせて!」と半狂乱になりますが、なんとか無事葬儀を終えます。

ピーターは放心状態だし、母は心理的なストレスから過去に患っていた夢遊病が再発。

アニーは娘の面影を求めて、チャーリーが遊んでいた小さな小屋にこもるようになりました。

霊媒師ジョーンとの出会い

アニーは母に続いて娘もなくしたことでショック状態。

カウンセリングの場で出会ったジョーンという女性と仲良くなります。

ジョーンも数ヶ月前に息子と孫を水難事故で亡くしていて、通じ合うところがあったのです。

ジョーンは「共感できるから話したくなったら連絡して」と電話番号を渡します。

場面は家族での夕食の場面へ。

ピーターの態度がアニーの逆鱗に触れ、アニーは「チャーリーの死に責任があることを認めていない!」と強い口調で責めます。

ヒステリックな態度を見ていた夫のスティーブは「妻が病気になりかけている」ことを悟りました。

数日後アニーは駐車場でジョーンに再開します。

ジョーンは「霊媒師にあって孫と再開できたの」と伝え、その様子をアニーに見せました。

本当に目の前で触っていないのに物が動くなど、霊的な現象が起きてアニーはジョーンを信じることに。

ジョーンはアニーに降霊術で使うスケッチブックとロウソクを渡し、試してみてと伝えるのでした。

どんどんおかしくなるアニー

アニーは家に帰ってきて、家族全員で降霊術を試そうと言います。

言われた通りにやってみると、本当に物が動いたりしてチャーリーが降りてきた…。

アニーは喜びますが、スティーブとピーターはパニックになります。

ピーターは泣き出し、父スティーブは降霊術をやめさせるために妻に水をぶっかけて正気に戻す始末。

その頃からピーターにも奇怪な現象が起こり始めます。

急に息苦しくなったり、何かが動き回っているのが見えるのです。

教室の窓ガラスを覗くと、ガラスに映った自分で自分に微笑みかけているなど不気味なことが起こります。

ピーターは教室を出て父親に電話をかけ、「変なことが起きている」と訴えました。

父スティーブはアニーに電話し「息子に変なことが起きている。息子は何があっても守る。心配なのは息子だけだ」と伝えます。

スティーブはアニーの精神的な病気がピーターに悪影響を及ぼしていると思っているんですね。

その晩ピーターが寝ていると死んだはずのチャーリーが現れ、急に背後から何者かに頭を引っ張られます。

目覚めるとアニーが様子を見に来ていますが「チャーリーにいたずらをやめさせるから」と伝えるだけ。

同時にジョーンにもらったスケッチブックにチャーリーが描いたらしきイラストが追加されます。

父・兄の死を予感させるようなイラストです。

母は息子を助けようとスケッチブックを燃やしますが、スケッチブックに火がつくとアニーの体にも炎が。

慌ててスケッチブックを暖炉から出して火を消すと、炎も同時に消えます。

このスケッチブックを破棄しようとすると、危害を加えた人にダメージが帰ってくる仕組みのようです。

アニーがジョーンの元へ向かうと…

アニーは息子を助けるためにジョーンの元へ向かいます。

しかし部屋にジョーンはいません。

部屋の中が写しだされ、そこにはピーターの写真が中央に置かれた魔法陣が。

アニーは家の屋根裏へ行き、黒魔術の本とアニー・チャーリーと書かれた玄関マットを見つけます。

これが対象の人物を呪うための道具なんですね。

本にはペイモンという悪魔を信仰する内容が書かれていて、復活の儀式に男性の肉体が必要と書かれていました。

アニーの母リーはカルト集団に所属していて、ジョーンとも元々知り合いだったことがアルバムから分かります。

ペイモンを復活させるために息子ピーターの肉体を利用しようとしていること、チャーリーを殺したのもこの教団であることが判明。

つまり黒幕は母リーだったのです。

さらに屋根裏部屋を探ると、ハエがたかっていて悪臭がしています。

中を覗くと首のない母リーの遺体がありました。

黒く膨張していますが、リーの死体だと判別したアニーはパニックに。

何者かが墓を掘り起こし、死体を屋根裏に運んでいたのです。

そして屋根裏にはカルト教団が信仰しているマークも書かれていました。

場面は学校にいるピーターのところへ移ります。

ジョーンが呪文を唱えて「ピーター!肉体から出て行け!」と命じてきます。

ピーターは操られた状態になり、自分の頭を机に思いっきりぶつけてしまいました。

教師たちはピーターを治療して家に連絡、父スティーブが迎えに行きます。

アニーは家に帰ってきた父スティーブに以下のことを説明しました。

  • 母がカルト教団のトップだった
  • ジョーンもその仲間
  • 屋根裏に母親の首のない死体があった
  • 降霊術をしたことで悪魔を召喚してしまった

しかし精神的におかしくなっていると判断したスティーブは信じません。

アニーはスティーブに頼んで、スケッチブックを燃やしてもらいます。

しかしその瞬間にスティーブの体が燃え、焼死してしまうのでした。

母アニーが豹変…

夫が目の前で焼け死ぬのを見たにも関わらず、アニーは叫ぶわけでもなく奇怪な表情を浮かべています。

部屋で寝ていたピーターが目を覚まし、リビングに降りると焼け死んだ父親が。

振り向くと後ろには様子のおかしいアニーが降り、ピーターは屋根裏へ逃げ込みます。

魔法陣を見て恐怖するピーター。

上の方でギコギコという音が聞こえ、ピーターが振り向くとそこには母アニーが浮いていました。

アニーは浮いた状態のまま自分の首にノコギリを当て、首を切断していくのです。

さらにピーターが視線を移すと、屋根裏部屋に化粧をして真っ白に体や顔を塗った男女3人の姿が。

パニックに陥ったピーターは窓から飛び降りてしまいました。

死んだかと思われたピーターの体に光が入っていき、彼は起き上がります。

そしてチャーリーがよく遊んでいた小屋へ向かい、母アニーの首なしの体もその小屋へ入ってきました。

ピーターが見渡すと、首なしの遺体や祖母リーの遺体が中央に向かってひれ伏しています。

知らない男女もひれ伏してピーターを拝んでいました。

ピーターの頭にカルト教団の一人が王冠をかぶせる描写が。

ピーターは地獄の王「ペイモン」として復活を遂げたのです。

へレディタリー/継承の感想

要は主人公アニーの母が黒幕で、元からこの一家を悪魔復活のための生贄として捧げたということです。

リーは女王と呼ばれていて、カルト教団のTOPでした。

チャーリーを可愛がっていたのも、ペイモンが体に宿っているからだったのです。

しかしチャーリーは女の子なので、魔術書に書いてある「肉体は男性じゃなきゃダメ」という条件に当てはまりません。

それでチャーリーを殺してペイモンの魂だけを取り出し、ピーターの体に入れるために策略を組んだんですね。

同じ境遇だと共感して油断させ、心に入り込むのは見事でした。

きっと本当のカルト宗教とかも、こんな感じで勧誘しているんだろうなぁ…。

妹役の女の子が死ぬシーンはグロいし、母アニーが自分でノコギリで首を切るシーンもグロい。

耐えられないほどではありませんが、グロ耐性がない人は見ない方が良いかも。

へレディタリーが見られる動画配信サイト

私はAmazonプライムでレンタルをしましたが、他のサイトでも配信されているみたいです。

Amazonは見放題の対象じゃないので、別途料金がかかります。

TSUTAYAとU-NEXTは無料お試し期間が一ヶ月あるので、この期間に見たい映画だけさらっと見ちゃっても良いかも!

ミッドサマーをこれから見る人は、耐性をつけるためにへレディタリーから見るのがオススメです。

順番が逆だとへレディタリーがつまらなく思えちゃうから!