日記

コロナでは?と思いすぎて自律神経失調症になった話

連日ニュースをつければコロナ関連のニュース。

死亡者数とか、感染者数とか…私も毎日チェックして結構過敏になっていた。

なぜかというと最近自分の健康に自信がないからである。

去年から盲腸、滅多に出さない高熱、潰瘍性大腸炎、盲腸の再発と大腸系が大暴れ!

東洋医学によれば腸が悪い人は肺が弱いらしいし、何より私は喫煙者。

もうとにかく怖くて仕方がなかったのである。

一人暮らし、フリーランスの私は身よりも近くにおらず家族は犬二匹。

私が急に死んだら、とかいろいろ考えると不安で眠れなくなった。

4月中旬から喉が痛い気がしたり、37度の微熱が1、2日だけ出るなどの症状あり。

その後肋間神経痛?などが交互に現れる…。

私は日に日に不安で不安でしかがなかったが、診療相談にかけてもコロナじゃないんじゃないですかみたいな返事。

数日前から謎の息苦しさをたまに感じるようになった。

咳も熱もない、ただ胸が苦しい感じ、あと動悸がひどい。

Twitterで調べたら同じような症状の人が「自律神経の乱れかも」と書いていたので、きっとそうなんだなあと思って放置。

ストレッチしたりするが、なんか良くならない。

そして昨日ついに不意に呼吸が苦しくなり、そこから回復しなくなった。

息が吸えない感覚に陥って目がまわり、ひどい頭痛。

パニクりながら保健所、診療相談に電話、一般診察を受けるよう指示があった。(熱がないから)

最終的に救急で内科を受診したところ、過換気との診断。

要は過呼吸だった…。

血液検査をしたけど炎症はなし、酸素量も問題なく、肺炎を起こしている様子もなし。

精神的な要因でしょうと言われたが、こちとら納得いかない。

だって苦しいんだもん、事実。

というわけで本日自律神経失調症に明るい近所の鍼灸院へ行って相談をしたら「典型的な自律神経失調症ですね」と言われた。

息の詰まり、動悸、顔の火照りなど全ての症状が当てはまっているらしい。

先生は「学生がいたらあなたを診療させてあげたい!自律神経失調症の教科書みたいな症状ですよ」と褒められた。

ありがとう。

鍼灸を据えてもらい、なんとなく気持ちが落ち着いた。

家に帰るとたまに動悸が強くなるけど、これも症状の1つなんだってさ。

神経質になりすぎてもこんなふうに身体症状にストレスが現れるので気をつけて。

私は余程ズボラですし、我ながらおおらかな方ですがこの様です。

もっと気張っていらっしゃるかた、どうか気を楽にしてくださいね…。

Twitterに書くのもなんかあれだし、どうしようと思ってブログへ。

同じような症状で不安な方がいたら、こんな症例もあるという参考になれば。